· 

ウィムジカル ウォー ファーストインプレッション

6月5日、本日GMO GPから配信されたウィムジカル ウォーをやってみました。

1時間ほど触ってみましたので、その感想などを書きます。

ウィムジカル ウォー(Whimsical War)
ウィムジカル ウォー(Whimsical War)
開発元:GMO GP, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ウィムジカル ウォーとは

株式会社GMO GPから配信された、対戦型陣地取りRTS(リアルタイムストラテジー)ゲーム。

 

公式サイト

 

勝利し、上がったランクに応じて、仮想通貨のビットコインが貰えるようです(配布は8月から)。

ウィムジカル ウォーとは

ゲームを起動すると、このペルソナ4のクマの色違いみたいなやつがチュートリアルを始めてくれました。彼の言うことに従えば、ゲーム内容はすんなり理解できるようになっています。

説明してくれるキャラの画像

左側のい線で囲まれた陣地が、自分の陣地

右側のい線で囲まれた陣地が、相手の陣地

です。

 

自分の陣地内であれば、一番下のキャラクターを自由に配置することが出来ます。配置されたキャラクターは自動で相手の陣地に向かって進んでいきます。

陣地が広がっていく説明の画像

キャラクターの進んだ「跡」が、自分の陣地となります。

お互いにキャラクターを出し合い、自分の陣地を広げ合う、陣地取り合戦です!

もちろん、キャラクター同士がぶつかるとバトルになります。

 

3分間の制限時間のうち、最終的に取っていた陣地が多いほう、もしくは相手の3つあるタワーのうちの真ん中を壊したほうが勝利というルールです。

キャラクターが多い

トレーディングカードゲームみたいに、あらかじめデッキを組んでおくシステムです。

試合中、コストを消費し、キャラクターを手札から出します。

まさにTCGのようですね。

デッキカスタマイズの画像

見ての通り、たくさんのキャラクターがいますね。

僕はまだ始めたばかりなので使えるキャラが少ないですが、

 

・接近戦の剣士タイプ

・離れたところから攻撃できる弓兵タイプ(剣士タイプに強い模様)

・足が早く群体で移動し、陣地確保に向いたタイプ

・範囲攻撃タイプ(群体タイプに強い模様)

・足が遅く、敵を一切攻撃しない、タワー壊しに特化したタイプ

 

など様々なタイプがおり、デッキにどれを組み込むかで戦術が大きく変わりそうです。

戦略性が高い

勝利ルールは

 

・相手の真ん中のタワーを壊す(将棋で言う王将)

・制限時間終了時により多くのタワーを取っていたほうが勝ち

(また、左右の小さなタワーを壊すことでも陣地ポイントが貰えます)

 

の二点です。

つまり、陣地取りに必死になっていたら王将を壊されて一発逆転もあるということです。

飛び地陣地の画像

特に注意すべきは、キャラクターは自分の陣地内ならどこでも出撃できるということです。

画像のように、飛び地になっていもそこからキャラクターを出撃されることができます。

 

これをされると厄介なので、じゃあ自分のキャラクターでこの陣地を奪い返しておくか・・・いやいやこのまま攻めたほうがいいのか

キャラクター出撃ポイントは時間経過で貯まるのですが、少しタイムラグがあるので、攻めを選択した場合、守りが遅れます、そこを突かれると大変なことに。

しかも、タワー壊し特化タイプをいきなりここに送り込まれると…w

 

ただタワー壊し特化タイプは出撃コストが高く、それを出そうと思うと他の攻撃の手、守りの手が手薄になりますね。このあたりのリスク・リターンがかなりうまいと感じました。

 

また、ゲーム終了の60秒前からは、出撃ポイントの貯まる速度が2倍になり、自分敵双方出せるキャラクターの数が一気に上昇しますので、最後の最後まで一切気が抜けませんでした。

課金要素

課金要素は、ざっと見た限り、

 

・試合後のご褒美こと

 

を受け取るために必要なマジックオパール

(時間が経てば無消費で受け取れる)

 

・キャラクターをレベルアップさせるためのゴールド

(試合後のご褒美を受け取れば中に入っている)

 

・キャラクターをレベルアップさせるために必要な同キャラクター

(同じキャラクターが必要数いないとレベルアップできない模様、これも試合後のご褒美の中からランダムででてくる)

 

などかと思います。

 

キャラクターはレベルが上がると攻撃力などが上昇しますので、対人で勝とうと思うと、相手よりこちらのキャラクターのレベルが低い場合、どんなにこちらの戦略がうまくてもなかなか勝つのは難しそうです。

 

プレイを繰り返し、時間をかければ課金しなくてもすべての要素は開放できるかと思いますが、課金で時短したプレイヤーには追いつくのは難しいでしょう。

課金画面

ビットコインはどれぐらい貰えそう?

まだ配布するシステムが始まっていないので、どれぐらいのビットコインが賞金として投入されて、どれぐらいの人たちで分けることになるか、まったくわかりませんが、少なくとも無課金でもらうのは厳しい感じがします。

 

基金要素に書きました通り、キャラクター強化要素があるので、無課金勢はおそらく課金勢には勝てないでしょう。

課金しないと開放できない要素というのはおそらくないので、ゲームを楽しむという意味では無課金でもまったく問題ないように感じました。

 

とりあえず、ビットコインのことは置いておいて、詳細がわかるまでは純粋にゲームを楽しみながらまったりランク上げするのがよいでしょうね。

 

(7/4 追記)

ファミ通appsさんの記事で、8月からランキング報酬として、ビットコインが支払われることが分かりました。

 

ゲームを遊んでビットコインがもらえる!? エンタメから仮想通貨の普及を目指す“CryptoChips”仕掛け人に直撃インタビュー

シーズン終了時のランキングに応じて報酬が支払われるようです。

まとめ

TCG+RTSの、陣地取り合戦って感じで、かなり戦略性が高いと感じました。

 

ギルド機能もあるようで、僕は自分でギルド作るのはちょっとなあと思ったのでこちらのギルドにいれてもらいました。

 

Makiさんのギルドの画像

(6/6 追記)

ママコイナーのMakiさんのギルドに浮気してしまいました。

前に入ってたギルドの方すみません!

 

みなさん、よろしくどうぞ。