· 

3月のG20の結果

 3/19、3/20に予定通りG20が行われ、閉幕しました。

具体的な規制案の話し合いはなく、ただしっかり監視していくべきだということが示されました。

ここではその感想を書きたいと思います。

具体的規制案は今回は無し

G20とは、世界の主要20カ国で構成されたグループです。

 

今年は19,20日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催され、仮想通貨の規制について話し合われました。

 

以下、内容を箇条書き

 

・仮想通貨の規制は必要だが、まだ市場が小さく、その段階ではない

 

・監視は継続して行うべき

 

・仮想通貨というより、暗号資産(Crypt Asset)と言ったほうがよい

(そもそも英語だとCrypt currency(暗号通貨)なので、仮想通貨なんて呼んでるのは日本だけですね)

 

マネーロンダリングやテロ資金対策案を見直し、金融活動作業部会(FATF)*が次回7月のG20までにまとめたものを国際的な基準にしたい

 

大半の国(日本含む)が大筋賛成ですが、ブラジルなど規制そのものが反対の国もあるようです。

ただどの国も仮想通貨(またはブロックチェーン)を有望な技術であることは認めています。

 

今回、具体的な規制に関しての話はなく、あくまで監視に留めるべきだということでした。

おそらく7月から具体的な規制案の話になっていくのでしょうね。

 

また7月に荒れ相場ですね・・・(´・ω・`)

 

そして資産扱いなら、税金を今の雑所得(たくさん儲けるほど税金がかかる。なんと最高税率は45%!さらに住民税10%もあわせると55%!)から、早く分離課税にして欲しいところですね(´>ω<`)

 

 

*金融活動作業部会(FATF)とは

マネーロンダリングやテロ資金対策の指導・推進協力を行う政府間機関

相場の動き

G20で規制されることを恐れて、下がっていた仮想通貨相場ですが、特に規制されることがなかったため、上昇に転じました。

しかしながら、大きく下がっていたのが戻った程度で、ほとんどの投資家がまだ様子見状態だと思われます。

 

G20通過ですっきり上昇相場に転じてくれるとありがたかったのですが、なかなかそうも行かない・・・。

↑ビットフライヤーのビットコインチャート(3/10-3/21)

まとめ

以上、G20の結果でした。

 

前回の記事で予想したことですが・・・

 

まあ大外れですね!

 

そもそも、今回そこまで踏み込む話はなかったという・・・くっ、また懲りずに7月に予想します。

 

ICOの進展もなかったので、comsa(cms)もまだ何も始まらないだろうと考え、買い増し分は一旦手放しました。G20中下落していた時に買っていたおかげで、一応利益がでましたのはよかったです。

でもそろそろ動いて欲しいところです。

日本がICOの実モデルを先に作っちゃえばいいのにねえ・・・

 

ではまた次回。

お疲れ様でした~。