· 

仮想通貨ノススメ~なぜ仮想通貨に投資すべきか~

2017年以降、色んな場所で「仮想通貨」や「ビットコイン」というワードを聞くことが増えました。

 

大体話題としては「何十倍・何百倍にもなった!」「億り人(資産が1億円になった人)になった!」と、実にうらやまけしからんものだったと思います。

 

そこで興味を持った人も多いと思います。

そりゃそうですよね、だってそんな美味しい話誰だって乗っかりたいですよね。

 

 

ところが年が明けてから、「コインチェックでNEMが不正流出」など悪い材料が重なり、価格が大暴落してしまいました。

周囲にいた熱を持って語っていた人も、冷水を浴びせられた形になり、少し意気消沈しているかもしれませんね。

 

 

 

しかし、それでも私は仮想通貨に投資すべきだと思います!

どうしてか?

ここではその理由について書いていきたいと思います。

目次

インターネット以来の大発明だから

技術面の話をするなら、まず仮想通貨の根幹であるブロックチェーンの話をしなければなりません

ブロックチェーンとは、分散型台帳とも呼ばれる技術です。

 

台帳って言ったら、銀行とかお店で売買の記録をするものですね。

分散型とはどういうことでしょうか?

 

普通の台帳は銀行と預金者しか使えません。

ブロックチェーンはインターネット上にあり、みんなのPCでパワーとデータを少しづつ持ち寄って、みんなが参加できます。

みんなが管理している、”分散”されているんですね。

 

このブロック一つ一つが、台帳の1ページに相当します。

ここに取引の記録などがされていきます。

この仕組の何が凄いかというと、誰も改竄することができないことです。 

誰かがどこかのブロックのデータを改竄しようとしても、そのブロックだけでなくチェーン上に連なるブロックすべての改竄をしないとならないの仕組みになっています。

これは事実上不可能です。

 

 

また仲裁コストがかからないことから、ブロックチェーンを利用することによりコストダウンが計れます。

 

 

またみんなで支え合っているシステムなので、どこかがダウンしてもそれ以外でカバーが可能です

そのため、ビットコインは誕生してからこの9年間一度もシステムがダウンしたことのない非常に堅牢なシステムとなっています。

 

 

仮想通貨はこのブロックチェーンに刻まれた数字を「これは通貨なのだ」と言いはった結果その価値を認める人が増え始め、通貨として使うことが可能となりました。

また、ブロックチェーンの特性のおかげで、

 

・二重送金などが起こらず、透明性の高い取引ができる

・安い取引手数料

・24時間365日送金可能

 

などが可能です。

送金・決済のシステムとしてはとても優れているものだと思います。

特に手数料が安いのが嬉しい。

 

「誰かに10円送ろうと思ったら、手数料100円とられる」

 

こんなの馬鹿らしくて誰もしません。

ですが仮想通貨ならこれが可能です、少額を気軽に誰かに送れます。

 

 

ただブロックチェーンが本当に凄いのはここからだと私は思います。

みなさんは「仮想通貨」と言う言葉のイメージから、決済や送金の利用のために使うものだと思われているかもしれません。

 

しかし、ブロックチェーンのコストダウン改竄できないシステム堅牢なシステムを利用する様々な企業や個人・グループがすでに現れ始めています。

 

 

・改竄できないことを利用して証明書や契約書に

 

・ベンツが自動運転に取り入れる

 

・ブロックチェーン上で動作するゲームがいくつも出てきている

 

・投票に利用

 

・IoT(モノのインターネットのこと。モノがインターネットと繋がったり、モノ同士が繋がり相互に情報交換し、制御し合う)にはブロックチェーンがほぼ必須

 

・これからどんどんAIが取り入れられていきますが、AIは目的達成のためなら何をするか分かりません。データの改竄をするかもしれません。そのため、絶対に改竄できない仕組みが必要と言われています

 

etc・・・・・ 

 

 

このように非常にたくさんのものに利用・応用が考えられており、これからの社会基盤になりうる技術と言えます。

「ブロックチェーンはインターネット以来の発明」と言われるほどです。

 

 

そして仮想通貨に投資するということはこれらの技術に直接投資するようなものだと言えるでしょう。

関連企業ではなく技術への直接投資

通貨という側面を持ち、市場で売買できる仮想通貨だからなしえた

これって結構は快適なことなんじゃないかと思います。

今はバブルの入り口

2017年仮想通貨は大きくその価格を上昇させました。

仮想通貨の中で最も有名なビットコインはその価格を10万円から200万円以上へと、実に20倍以上もの高騰を見せました。

仮想通貨全体の市場規模も、2兆円から100兆円近く、実に50倍近くまで上昇。

 

多くの人はこれを見て言います、「これはバブルだ」と。

私もその意見には賛成です・・・これだけ上がるものはそりゃバブル以外の何ものでもありません・・・が

 

バブルはバブルでも、今はバブルの入り口だと思うのです 。

画像はバブルチャートの典型例です。

2017年がTake offからFirst Sell off

そして今がBear trapに当たるのかな?と

まだまだ市場が小さい

「いや、2017年が頂点"New Paradigm"なのでは?」

 

当然、その疑問がわくと思います。

 

でもインターネット以来の発明と言われ、これからの社会基盤になるかもしれないブロックチェーンを根幹とした仮想通貨市場がたった100兆円ほどで天井打って終わるのかな・・・?

 

100兆と言われても何がなんやら、だと思いますが、

東証の時価総額が600兆だそうです。

 

 

日本は当然大きな市場ですが、それでもたった”1カ国”

”全世界”の仮想通貨の時価総額がその1/6しかないんですね・・・ちなみに全世界の株式市場の時価総額は8400兆円のようです。

 こうやって比較するとなんだかまだまだ伸びしろがある市場のように感じます。

国が国策として推し進めるから

日本は2017年4月に改正資金決済法(通称、仮想通貨法)を成立し、正式に決済方法として認め、仮想通貨取引所の登録制を導入しました 。

これは世界でもいち早い行動です。

 

コインチェックのNEM不正流出事件でも、金融庁はすぐさま事態の収拾に動きました。

 

ただの危険な投機バブルだと思っているのなら、禁止に動いたことでしょう。

 

ですが禁止ではなく規制をしてきています。

ルールを作り、健全なものにし、参加者を増やそうとしています。

日本は国を挙げて仮想通貨を推し進めていこうとしているからだと思います。

なぜなのだろか?

 

 

日本はブロックチェーンの価値をしっかり理解しており、この技術の芽を潰してはいけないと考えてます。

ブロックチェーンで様々なコストは下げられるし、AIやIoTなど未来の技術のためには必要です。

 

さらにぶっちゃけ・・・仮想通貨投資している人からガンガン税金入ってくる。

今年の税収すごいことになってませんかね・・・消費増税しなくてよくなりませんかね?安倍さん(小声)

 

 

 

もちろん日本だけではなく、多くの国がブロックチェーンと仮想通貨に興味津々で、この技術とどう向き合っていくか、どういうルール作りをしていくか、とやっています。

 

欧州では仮想通貨投資で得た利益に課税しないという国がいくつかあります。

財政難に陥っている国が新しい仮想通貨を発行し、資金調達していたりします。

発展途上国では銀行口座が持てない人たちがたくさんおり、それでいてみんなPCやスマホは持っているという状況で、現金ではなく仮想通貨で資産を保有している国があります。

 

そんな中、今月の19、20日にはG20が開かれます。

主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシアに新興国11か国の計20か国が集まり、話し合われるのです。

そこで仮想通貨を全世界でどういうルールを作っていけばいいのか等が議題に載せられることが決まっています。

 

日本はコインチェック不正流出事件をなにがなんでもG20前に解決したかったのは、G20で主導権を発揮して自分たちにとって最大限利益が享受できるよう立ち回っていきたかったからでしょう

本当に頑張ってきてもらいたいです!

 

 

そしてそうやって全世界で様々にルールが決められ普及していくのであれば、当然価値が上がって行くと思われます。

 

 

 

容認派の話ばかりだとよろしくないので、逆に禁止に動いている国の話もしておきます。

筆頭は中国です。

元が仮想通貨に変わり、国外に流出するのを避けたいし、非中央集権で特定の権力に依らない仮想通貨は、独裁コースまっしぐらの中国にとって非常に都合が悪いでしょうね。

 

しかしながらブロックチェーンの価値は中国も認めており、なんとか仮想通貨だけ排除してブロックチェーンの技術だけ手に入れられないかと都合のいいことを画策しているようです。

中国国内の取引所をジワジワ排除に動いているようですが、その一方で国営取引所作って全部自分たちの管理下に置こうとしようとしているという話もあります。

 

う~ん、中国が国営でやる取引所・・・操作されまくりそうで恐ろしい・・・

 

 

他の国に関してはこちらの記事がよくまとまっていて読みやすいので手抜きします↓

 

世界各国の仮想通貨規制状況まとめ - COIN POST

 

機関投資家が殆ど入って来ていない

機関投資家というのは、大量の資金を有するプロの投資集団です。

相場は彼らが作ると言っても過言ではありません。

 

しかしながら現在は市場が小さすぎて彼らがほとんど参加できていない状況です。

 

自分たちの「買い」で値があがりすぎ、「売り」で値が下がりすぎてしまうためです。

これでは満足に売り買いできません。

 

彼らは何十倍・何百倍と上がっていった仮想通貨たちを見て、何を思うのでしょう?

早く参加したくてたまらないでしょう。

「はやくルール整備して市場でかくして俺ら入らせてくれー」って感じですかね。

 

 

彼らの大量の資金が入ってきたら大きく上がることが期待できます。

最も短期では個人投資家をふるい落としたり、無茶苦茶なことをやりたい放題してくると思いますけどw

 

個人投資家さんたちはどうせやるなら、ぜひ機関投資家より先に市場に参加しておきたいところですね。

今そういうことができる金融市場ってほかにそうそうないんじゃないかな?

投資が当たり前の時代になるから

これは必ずしも仮想通貨でなくてもよいのですが、これからは誰もが投資しているのが当たり前の時代になると思います。

 

今はアベノミクスで景気が良くなっています。

が、社会保障費確保などのために税金は増加、可処分所得は減っています。

可処分所得とは、所得から税金や社会保険料を差し引いた、個人が自由に消費したり貯蓄したりできるお金です。

これが下降傾向で、約15年で1割減っています。

 

これからの日本はますます少子高齢化が進むと考えると、今後もこの傾向は変わらないのではないでしょうか?

仕事をして給料を稼いでいるだけでは、なかなか厳しい時代になっていくのではないかと。

 

 

必死に銀行に貯蓄していても、利子などほぼないも同然・・・それどころか、口座維持手数料の導入も検討しているとか。

 

3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論

またアベノミクスで2%の物価上昇が目標にされています。

それって逆に言えば物の値段に対して日本円の価値がどんどん下がっているってことですよね。

銀行に預金して眠らせていても、ただ価値が下がるだけ・・・オワコンの日本円。

 

 

もうお金を眠らせずに働かせる時代なんだと思います。

「お金に働かせてお金を稼ぐ」「お金がお金を産む」のです。

そうしないとみんなやっていけません。

 

「投資が当たり前の時代がくる」と思うのはそういう理由です。

これからは小学校の時から正しい投資の勉強をさせるべきですね。

安倍さんやりましょう!

 

 

 

さて、では「投資をするにしてもなぜ仮想通貨?」

別になんでもいいんですけど、今は仮想通貨が一番儲かりそうだから、本当にただこれだけです。

 

それに「バブルを経験しておく」ということは 、今後の投資家人生にとってプラスになると思うんですよ。

 

仮に仮想通貨では思うように儲からなかったとしても、将来またバブルになるものが出てきた時に、「あ、これ似てるな・・・」って気付けるんじゃないでしょうか?

今のバブル時期だけじゃなく、これからもっともっと先の人生を考えると、絶対プラスになると思うんですよねー。

 

30年周期でなんらかのバブルが来るらしいです。

50ぐらいまでの方はあと1回、なんらかのバブルに遭遇できる可能性高いです。

まとめ

以上、「私が考える仮想通貨に投資したほうがよいと思う理由」でした。

 

まあ完全にポジショントーク(自分が得になるように発言すること)です。

本当のところどうなるかは誰にも分かりません。

 

でも今はこれが一番期待値が高い投資だよなあ~と思うんですよね。

正解だと信じて突き進んでいきます。

 

それではまた~。